読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイローズ・フィールド

ライフコーチの言の葉

2016年を漢字一字で表すと

【2016年を漢字一字で表すと】
昨夜コーチ仲間と、今年を振り返り、来年への宣言をしました。
これがとてもいい時間だった。

まず、出だしは、「今年一年を漢字で表すと何?」という問い。

人っていうのは、不思議で、問いを投げかけられると、一生懸命その空白を埋めようとするのです。

たくさんのことにチャレンジした2016年。
たった一字で表すなんて、なんだろう?
と思い返すと スーーーッと降りてきた。

それは、「源」という文字だった。

いろいろな学びやチャレンジをわたしなりに精力的にやってきたけど、常に自分の源につながっていた感覚があった。

それは去年よりもはっきりと意識ができていて、
「たった今自分が何を感じているか」から
自分の内側に潜り始め、
自分の鼓動が感じられる谷を下りていく。

自分の中の響きを感じる。

響きにはいい悪いはなくて、

ただ震えて響いている自分の深い部分を感じる。

この時本当の自分を確認できる感覚になる。

喜びにあふれているときも、
モヤモヤ沈んでいて
向き会うのが辛くて、でも、向きあった時
弱々しくてデリケートな柔らかい部分があるのを発見したり、
自分の中の震えを感じた。

それは、震えというか、響きというか、うずきというか、
その時々によって微妙にちがうんだけどね。

2016年の初めに
「今年は至福の追求をする」ときめて、
自分が至福を求めることを自分に許可できた。

様々な制限が自分あるにの気づいたし、それを事ある毎に外してきた1年だった。

すると、

今度は自分の中にある痛みに触れにいくことができた。

かなり辛かった。

でもコレがやりたかったことなんだとわかっていた。
長い時間をかけて、じっくりと自分の痛みとともにいた。

本を読んだり、ワークをしたり、セラピーを受けたり、いろいろな分野の人に関わってもらってセッションをうけた。

このことは、大きかったなぁ。

今までやれてこなかったことだもの。

至福の追求と痛みとともにいること。

真逆のように思うかもしれないけれど、実はこれは裏返しの面になっているのが、わかった。

別物ではなく、一体として自分の中にあるということ。

両方あるし、両方必要なんだとわかった。

人って、こうして構成されているんだなぁと。

あ、一般化しちゃいけないな。わたしの場合ってことで。

それで
それぞれが、今年を表す漢字一文字と今年で大きかったことを話し、

最後に「来年に向けて、何したい?」と宣言することになった。

わたしは2017年は、クリエイティブな年にしたい。

何かを産み出したり、創り出したりをしていきたいんだけど、協働や協業でやっていきたい。

自分を信じてやっていく。

怖さも感じるけど、やりたい!と思っている自分がいるし、
きっとやれると思っている自分も確認できている。

「なんでもやれそうだよ!」と言ってもらえて 
嬉しかった。

なんでもやれそうな気になっているもの。笑

お互いの2016年の経験と2017年の展望をジックリ聴けて、とてもいい時間となった。

感謝だなぁ。

このような時間をクライアントさんとともに創っていきたい!