読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイローズ・フィールド

ライフコーチの言の葉

アリスインワンダーランド

【Hatter is the matter! 】(帽子屋が問題!)
〜過去は変えられないが、過去から学ぶことができる〜

帰らぬ家族を待ち続けていた帽子屋ハッター(ジョニー・デップ)がメンタル的にダウン。彼を救うのはアリスしかいない!
19歳になったアリスは亡き父のあと「不可能なことはなにもない」を信条に七つの海をこえ貿易の旅から英国に寄港。その時待っていたのは厳しい現実の罠だった。
現実とアリスの深層心理の世界が交錯するアリス・イン・ワンダーランド第二作!

良い出来でした〜〜〜! 切なくなって、エンドロールで涙がつつつーー。

ちょうどこの二ヶ月自分の家族関係などを振り返っていたので、痛かった。

10年来のマック好きのお友だちのレビューの刺激を受け、奮発してImax 3Dで見てきました。ええもちろん字幕。英国英語を聞きたいから。(聞き取れないけど、w、アクセントが好きなん❤️)

テーマは家族、表現されているのはインナーチャイルドと女性の自立のように受け取りました。
心理に興味のある方はおすすめ!

映像は迫力です!

会話の意味より、韻や謎かけが多いので ストーリーを追うより
映像から与えられる心理的インパクトを感じてみて〜〜!

主演のアリス(ミア・ワシコウスカ)のチャレンジ・勇気・成長がいい!

前作で感じた白の女王(アン・ハサウェイ)へのイライラがの謎が今回とけました。あ〜 やっぱりな!って感じw

途中心にグサグサくる箇所があったのね。

なんてみんな純真なの!

ディズニーが表したいのは 怒り・悲しみ・喜び と女性の自立なのかなぁ。

そして、行動する時、困難に立ち向かう時こそ、強く自分を信じること!

大好きな原作の アリス・イン・ワンダーランドの2作とは懸け離れた作品だけど、今回作は とても良かったです!

Imaxで見るなら断然後方席をおすすめです。

f:id:Chumi:20160714195654j:image