読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイローズ・フィールド

ライフコーチの言の葉

多様な教育の実践研究フォーラム 岸見一郎先生基調講演メモ2

教育の多様性フォーラム【岸見先生語録メモ2】


ありのままの自分
今の自分を受け容れる

 

そもそも『ありのままの自分であってはいけない』ということを
小さい頃から思い込ませらせている。

 

小さいころ
『アタマが良いから京大へ行け』と言われた。
本人には大迷惑だ。

 

親戚に優秀な人がいた場合、
『あのおじさんの様になりなさいよ』と
言われた。


これまた大迷惑な話である。

 

優れた人にならなければならない。
と思うと苦しい。

 

自分ではない誰か別の人になれということだ。

自分のままではダメなんだと思いこむ。

 

特別良くも悪くもなる必要はないのだ。

ふ つ う である勇気 が大切。

 

普通というのは、『平凡』という意味ではない。

『ありのままの自分』

ありのままの自分でいていい と言うことを受け容れる。

 

そうでないと、どこか生きづらくなる。

f:id:Chumi:20170209122356j:image