読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイローズ・フィールド

ライフコーチの言の葉

【自分の本当のきもち わかってる?】


自分の気持ちを傍に置き、目の前の人につい合わせていませんか?

相手にいい気持ちでいて欲しいから。

争いたくないから。

人のお役に立ちたいから。

その美辞麗句とは裏はらに
自分の本当の気持ちが別にあったとしたなら

そして、
心を尽くしたつもりが、
自分の思い描いた結果にならなかったとしたなら

さらに
相手が涼しい顔のままなら

どうゆうことが起こってくるでしょう?

『これだけ私が〜〜してあげているノニ!』

『私の気持ちを裏切って!』

なんだか、怨みのモードがはいりませんか?

怨みモードになって嫌な気分になる前に。。

ちょっと待ってください!

支援者のつもりが、いつの間にか
自作自演の犠牲者を演じていませんか。

実際には、何が起こっていたでしょう?

自分の気持ちを言葉にして伝えていましたか?

日本には、察する文化がありますが、モノの捉え方、感じ方、考え方は千差万別です。

それくらい察してよ!と思いますが、残念ながら
自分の思いは言葉で伝えないと相手にはキチンと伝わりません。

本当にわかって欲しい時は、丁寧に伝えていった方がいいですよね。

え?
自分の言いたいことを言うのは
ワガママじゃないの?

そんなこと言われても
嫌われたら、イヤだし。。。

それは
果たして、真実でしょうか。

自分の気持ちを伝えるのは、自分に取っても、相手に対しても正直で誠意あることではないでしょうか。

小さい頃、周りからの躾けで
『自己主張するのはワガママだ』と
教育を受けて来た方なら

それが当たり前になって
そう思い込んでいますよね。

でも、誰でも
自分は、こうしたい!
という思いがあります。

それを伏せてしまうと
せっかく私が〜〜してるノニ
あなたのために〜〜してるノニ

と『ノニノニ星人』になって
いつか大爆発して、
関係が破綻することがあります。

何を隠そうかつての私はそうでした。笑

自分の気持ちをすぐに伝えるのがとっても苦手。

つい合わせてしまう。

合わせるほうが楽だからです。
その時はね。

でも後で苦しくなってくる。

それで随分失敗をして苦い思いをしてきました。

目の前の人が大切な人であれはこそ、
自分の本当の思いを伝えたい!

という気持ちで
最近は、落ちついて伝えるようにしています。

だからと言って、正直がいいから、言いたい放題が良いと言っているのでは、ありません。

相手には敬意と礼節を払ったうえで
自分の本当の思いを伝えてみるということです。

慣れないことをするには、勇気がいりますね。

少しの勇気をもって、『私』を主語にして伝えてみましょう。

ミスコミュニケーションが減り
自分の気持ちもスッキリ。

いつも自分がいい状態でいることは、周囲にもいい影響があります。

自分がご機嫌でいられるよう
自分の気持ちを伝えることにトライしてみてね。

あなたの世界が大切でありますように。
f:id:Chumi:20160413151916j:image