読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイローズ・フィールド

ライフコーチの言の葉

【与えることは受け取ること】


自分のことをわかってほしい。
自分のことを受け入れてほしい。
自分のことを認めてほしい。

との想いを良く聞く。

「受け入れてほしい」ってどうゆうことなんだろう?

今日はこれを感じて考えてみました。

以下 モノローグ。

「受け入れてほしい」って

受け入れるか受け入れないかを
相手の判断に任せるってこと?

じゃぁ、受け入れてもらえなければ、どうなるの?

あぁ、わたしはダメだんだ。
あぁ、わたしは孤独なんだ。

って思うわけ?

それとも
わたしを受け入れないなんて
ヒドイ人!

って思うわけ?

「自分の中で湧き上がる感情は
自分の責任」であって
人のせいじゃないです。

人のせいにしている時は
ほんとシンドイ。

人のせいにして
被害者意識をもって拗ねてる。

「わたしのこと受け入れてほしい」って

そもそも
すごく受動的に聴こえませんか?

依存している感じ。

主導権を相手が握っている感じ。

自分の身の振り方を
相手に任せている感じ。

かつてのわたしは
こんな感じだったな。

自分より相手優先で
それが良いことだと思っていた。

相手優先にしているのに
うまくいかない時は、
なんでわたしがこんな目にあうんだ!
と恨めしく思っていた。

自己犠牲を感じながら
生きていくって
辛いもの。

でも目覚めたの。

ちょっとまって、
おかしくないか?

してもらえない!って
思ってることは、
依存していることにならないか?

なんで自分でしようとしないんだと。
「自分でしてはいけない」と
どこかで思い込んでいないか?

「こんなことをしたら嫌われる」と
勝手に思い込んでいないか?
と。

そもそも
自分の人生を自分以外の人に任せていいのか?

受け入れてもらえなければ
ならないものなの?

受け入れる受け入れないは
向こうの都合でしょ。

それに全員に
受け入れられたい!って
ちょっとアリえないことない?
かなり傲慢な感じ。

自分のことを考えると
好きな人 フツーな人
あぅ、かんにん わたしには 無理っ!な人がいるもの。

逆に
受け入れてもらおうと
本当の自分を抑えて
相手を自分の思い通りに
コントロールしようとしているようにも
聴こえない?

本書には、

「わたしたちは、愛する人が
自分の思うように行動してくれないと、
傷付いたと感じます。

『傷付いた心』というのは幻想であり
癇癪だ」
とかかれてあります。

受け入れてもらえなければ
わたしの価値はないわけ?

そんなことないよね。

ひとは、もともと創造力と才知にあふれ
かけるところのない存在なんだから。

何かができないから
何かが足りないから 完全じゃない?

じゃぁ、なにもできない赤ちゃんは?

そこにいるだけで祝福される存在にみえるよね。

「受け入れてもらおう」と相手を
無意識で支配するのではなく、

ただただ与える。

見返りなんて期待しないで。

与えたいから与える。

わたしの持っている
わたしだけしかできないことを。

「与えることは受け取ることだ」と
本書には書いてある。

受け入れられるかどうか は問題でなくて

受け入れられようが
受け入れられまいが そこ関係なくて

与えるか
受け取るか

「人からの愛や真実を
受け取れない人は与えられない」
ともかかれてある。

与えることは 受け取っていること。

与えて、受け取っている時
はじめて つながりが生まれるんだと

うん、それはやってみて
真実だと感じるよ。

目の前にいる人は 自分なんだから。

それでも
「受け入れてほしい」と
思っているなら

それなりの 人間関係を創っていく
関わりあい方をする努力を
積極的にしていくのが
本当に大切なことなんじゃないかな。

「嫌われたらどうしよう」とかの次元を超えて。

そんな思いで、自分を見た日。

越えていくぞ〜!

そうそう、昨日嬉しい認知をいただきました。
よくエネルギーあるね〜とか
パワーあるね〜とかの
有難いお言葉をいただくのですが、

自分ではさほど自覚がなくて。。(^^;

なのに昨日は
「LOVE&POWERを感じました!」
と認知をいただき 照れずに素直に嬉しかったです!

LOVE&POWER

なんかね、ROCK魂呼び覚まされるね。

よし、 越えていくぞ〜〜!
再び。
f:id:Chumi:20151207074455j:image